FC2ブログ

脳に良い食材記憶集中力アップ老化予防

先日、京都の教室でカレーのつくり方を学びました。いつも伊勢丹でお買い物しますのでGABANのクミンを買ったばかりです。この番組「世界一受けたい受業」興味深く見させていただき、今の私にぴったりの内容でした。

・・・・・・・・・・・・
世界一受けたい授業【ブレインフーズクルクミンホスファチセチジルセリンクルミセロリ茶セロリ酒セロリ風呂作り方レシピ脳に良い食材記憶集中力アップ老化予防白澤卓二】
世界一受けたい授業!!9月8日放送【記憶&集中力UP老化予防(秘)医者も食べてる
脳に良い食材▽■保健体育:白澤卓二先生(順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)
「食べるだけで脳を修復!?老化予防!?集中力アップ!?医者も食べている驚きの
 “ブレインフーズ”の秘密」

●脳に現れる老人斑(はん)

ネズミの脳に現れる老人斑(はん)と呼ばれる斑(はん)点。
これが増えるとアルツハイマー病になります。
この老人斑(はん)は人間の脳にも確認されていて、
これをためない事がボケの予防になります。

そしてネズミのエサにクルクミンという成分を
混ぜる事で老人斑(はん)がほとんど出なくなりました。
クルクミンには認知症の予防効果があります。

●クルクミンが美味しくとれるブレインフーズ

クルクミンがとれる身近な食べ物といえばカレーです。

クルクミンは、カレー粉の中に含まれるウコンの中の成分です。
クルクミンは脳の中の細胞に直接作用して神経細胞の保護作用があります。

インド人はカレーをよく食べますが、アメリカ人と比べて
アルツハイマー病の発症率が1/4しかないと論文で発表されました。



ウコンパワーMAXスーパー(秋ウコン末、春ウコン末、紫ウコン末配合サプリ)

●吸収率のあまり良くない成分クルクミンの吸収率を上げる食べ物は?

正解は…きな粉
きな粉の中に入っているレシチンという物質はクルクミンの吸収率を300倍にする事ができます。
またレシチンは熱に弱いため、食べる直前に入れるのが良いでしょう。

●集中力を保つには脳の栄養素「ホスファチセチジルセリン」が必要



ホスファチジルセリン100mg

●ストレス解消に良いのはホニャララ茶


正解は…セロリ茶

セロリの香り成分、アピインやセネリンがストレスの解消に良いと言われており、
疲労回復や不眠に対して良い作用があります。
お茶の他には、セロリをお酒に漬けてセロリ酒にしたり、セロリ風呂でも香り成分を
とることができるでしょう。

◎セロリ茶の作り方


【材料】
セロリ

【作り方】
1.セロリの葉を洗い適当な大きさに切ったものを、天日干しにして乾燥させる(1~3日)。
2.沸騰した湯に1を入れ2~3分ほど煎じて完成。

◎セロリ酒の作り方


【材料】
セロリ 1200グラム
35度焼酎甲類 (ホワイトリカー) 1.8リットル

【作り方】
1.セロリは茎を8割、葉を2割くらい用意し
 水洗いしてから、水気を拭き取る
2.容器に入る大きさに切り、
 ホワイトリカーといっしょに漬け込みます。
3.1ヶ月ほどで使えるようになりますが、
 さらに熟成させるとまろやかな味を楽しむことができます。
※セロリの引き上げは、仕込みから3ヶ月後を目安にしてください。

・・・飲み方・・・
ストレート、または炭酸などで割り
お好みでレモンやガムシロップを加えるとのみやすい。

◎セロリ風呂の作り方

【作り方】
1.セロリ2~3本分の茎から 葉をはずし葉の部分だけをよく洗う。
2.包丁で刻んで袋に詰めます。
 ※お茶パックやガーゼを使うと簡単に袋詰めできます。
3.浴槽で3分ほど揉んだ後、入浴します。
スポンサーサイト

料理研究家「伝統文化への理解深まれば]



パリで電子レンジ使った和菓子づくり 料理研究家「伝統文化への理解深まれば」
2012.05.12 22:40

フランス・パリにある世界屈指の料理学校「ル・コルドン・ブルー」で日本の料理研究家、千葉真知子さん=東京都世田谷区=が電子レンジを使った和菓子づくりを披露した。現地で好評で、今秋に2度目を予定している。……続きを読む

パリで電子レンジ使った和菓子づくり 料理研究家「伝統文化への理解深まれば」
2012.5.12 22:40

電子レンジを使った和菓子づくりを披露する料理研究家の千葉真知子さん

 フランス・パリにある世界屈指の料理学校「ル・コルドン・ブルー」で日本の料理研究家、千葉真知子さん=東京都世田谷区=が電子レンジを使った和菓子づくりを披露した。現地で好評で、今秋に2度目を予定している。

 数年前から世界中で和菓子づくりの講師を務める。5月初めのパリのイベントには同校の料理人ら約40人が出席。電子レンジで溶かした寒天などを用いて、錦玉や練り切りなど、赤や緑の色鮮やかな和菓子を仕上げた。

 「和食」は日本政府が世界無形文化遺産への登録を目指している

千葉さんは「簡単でおいしい和菓子のつくり方を伝えることで、日本の伝統文化に対する理解が深まってほしい」と話している。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

光制御による作物栽培・提供、農業用光源の開発・提供等

光の栄養を発信します

所在地

浜松市北区豊岡町257-1

代表者名

岩井万祐子

創業

平成17年9月

資本金

40,860千円

従業員数

1人

主要製品

光制御による作物栽培・提供、農業用光源の開発・提供等

電話

053-482-8075

FAX

053-482-8076URL

http://www.photo-agri.com/


光技術の新産業~大学院から創業

平成17年4月、光技術を核に企業家を育て、新産業の育成につなげることを目的とした光産業創成大学院大学が浜松市に開学した。株式会社ホト・アグリは、勤務先企業からの派遣により、この大学で学ぶ岩井代表取締役が平成17年9月に創業した、農業への活用を図る光技術のベンチャー企業である

光活用・光制御による農作物栽培法の提案や提供、安価で農業に使いやすい補光光源の開発・提供などが主な事業である。また、生産者からの要求にあわせたオーダーメイド農業用光源の開発・提供や光処理実験も行なっている。

現在、会社は同大学内にあるが、同代表は普段ほとんどの時間を市内のホト・アグリ農場で過ごしている。同代表自ら農作物生産者の目線に立って栽培実践をやりながら、光作物栽培方法の研究や農業用光源の試作・開発を行なっている。また、女性の目線での農作物の栽培に取り組んでいる。

ホト・アグリ農場は、数年使用していなかった農家の温室を借りて再活用させた実証実験・生産をしている農場で、今後も使っていない温室をさらに借りて、拡大していく予定である。

光技術により新しい農業を切り拓く


機能性野菜「リッチリーフ」
.

ホト・アグリ農場での栽培風景
.

農業用光源の装置
.
通常、野菜は太陽の恵みを受けておいしく育つが、同社では、自然の恵みである太陽に加えて、人工光を照射したり、遮光したりして光をコントロールして農作物生産を行う。夜、発光ダイオードで植物を照射したり、収穫直前の植物を遮光したり、また、ある特定の光を通すフィルムで植物を覆ったりして栽培する。

このような光のコントロールにより、植物の生育を促進させたり、ポリフェノールやビタミンCのような機能性成分を増やすような工夫を行いながら栽培している。光制御により植物の色素を抑制したり、形態を変えたりすることもできる。

こうして光をコントロールして栽培した野菜を成分分析し、光の効果を確かめたり、光のコントロールの検討をしていき、農業への光技術の応用を進めていくのである。

そして、このような実践栽培をもとに農業用光源の開発は行なわれる。温室などの太陽光が降り注ぐ開放系作物栽培環境での補光光源や、植物工場のような人工光を利用する閉鎖系作物栽培環境の光源を開発し、提供している。また、光を使った特徴的な栽培を試みる農家へ照射方法のアドバイスや光源の貸出しによる栽培実験など、農家・生産者とともに光技術を農業の発展へ貢献させるための努力を重ねている。

さらに、これまでの研究活動の集大成としての機能性野菜「リッチリーフ」の開発に成功し、販売が開始されるとともに、量産化とさらなる市場開拓に現在、挑んでいる。

光の無限の可能性

近年、多くの人に飲まれているサプリメントというかたちではなく、こうして光技術により栽培された機能性成分が多く含まれた野菜により、食を通して健康を維持し、病気を予防していくこと、また、光が無く栽培不可能だった場所に光を導入し、植物栽培環境を生み出すことによる空間の有効活用など、まだ小さい同社の理念と光技術は、将来の食糧生産や人々の健康、社会全体へ大きく貢献していけるものと期待できる。

本ページで紹介している企業の情報は平成24年3月末現在、取組内容は平成20年度取材当時のものです

////////////////////////////////////////

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

chuty

Author:chuty
※ ビオキッチン京都は日本の誇る食文化、和食(WASHOKU)における京の新・おばんざいの開発・加工によるお料理のご提供をしています。国内外に向かって豊かな自然の地域の情報の発信を主にしていきます。

日本の歴史・文化・自然を愛するかたがたに様々な企画を練っていきます。健康な体に健康な精神が育ちます。食・農・環境中心のイベントやセミナーにぜひお気軽にご参加ください。

※ 永年、教育事業に従事してきた体験からあまりにアトピー、アレルギー体質の子供達の急増やイジメの問題を目の当たりにして「食への関心」「食の乱れ」「食への危機感」が高まり、現在の食文化創造研究所の前身「食文化を考える会」を発足するに至りました。

その活動を推し進めるべく、ただ今ビオライフ倶楽部ではお仲間・同志を呼びかけてさせていただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・
ビオへのおもい

今からもう10年前になります。
起業への熱い思いを胸にフランスはパリに飛んでおりました。

〔そのカフェは、フランス政府AB(AGRICULTURE BIOLOGIQUE)の認証を取得〕

空港につくやいなや、そのカフェを目指して走りました。

お店の前で並んでいる光景ですぐにわかりました。

どうして列を作って並んでいるのか、通訳の人に聞いてもらいました。
そうすると、パリジェンヌが口々に



「ビオだから!」
「ビオだから!」

と微笑みながら答えてくれました。

そして、心の中で「これだ!これからはビオ!」と叫んでおりました。


ビオのコンセプトは、「bio」なのです。

「bioとは体に良い物、無添加、命を意味します」


「農・食を核にした地域活性化の情報発信事業及び6次産業事業事業」に邁進していく覚悟でおります。

「日本の食文化、和食」が世界自然遺産になるよう呼びかけさせていただきたく願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
http://katana.bz/images/common/katana_lo
起業・独立サポート「katana」
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード