FC2ブログ

デンマーク:世界初の「脂肪税」 健康増進でバターなどに

下記の記事が目に留まりました。確かに向こうの方の肥満は日本の比ではないですものね。

 でも日本でも日本伝統の健康の食文化を捨てて、あまりにも急激に欧米化の一途を歩んでいっています。

テレビで沖縄の最近の流行食の内容に驚きをもってみていました。あれでは沖縄の特に男性の寿命がかっての1位から確か26位になったのもうなずける事でした。

沖縄の伝統の健康食からアメリカのメタボ食を取り入れるなんて愚かなこと。気が付いているのかいないのか、とても残念なような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真は赤そばの圃場です。2台のトラクターをお借りして一気に整備しました。1か月後には赤い花が咲き乱れることを祈りながら種まきをしました。例の「高嶺のルビー」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デンマーク:世界初の「脂肪税」 健康増進でバターなどに


 デンマーク政府は国民の平均寿命を延ばすため、バターなどの動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を一定以上含む食品に対する課税を1日から開始した。

英メディアなどが2日までに伝えた。英BBC放送は、脂肪への課税は世界で初とみられると伝えた。

 飽和脂肪酸を多く摂取すると、動脈硬化などを引き起こす悪玉コレステロールが増加するとされている。

課税によって肥満の原因となる食品の消費を減らすことで、国民の健康を守る狙いがある。

 英メディアなどによると、2.3%以上の飽和脂肪を含むバター、チーズ、加工食品などが課税対象で、飽和脂肪1キロあたり16クローネ(約220円)の税金がかかる。

 課税によって、約22億クローネの税収が見込まれており、バターの消費量は約15%減少するとみられている。

 欧州ではハンガリー政府が先月、肥満防止のため、スナック菓子や清涼飲料水など塩分や糖分が特に高い食品に対する課税策を導入した。(ロンドン共同)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デンマークのスーパーの店長は「10~15%の値上げになるかな」と話した。

飽和脂肪酸を2.3%以上含むバター、チーズなどが対象で、1kg ... 脂肪税の目的は、国民の健康を増進し、世界と比べて低い平均寿命を上げること。

そのために阻止したい飽和脂肪酸 ...

デンマーク、バターなどに「脂肪税」 健康増進狙う 日本経済新聞

デンマークで脂肪税導入、バターや牛乳、精肉も対象に GIGAZINE

スポンサーサイト



テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

先日、台風で延長していた視察見学会に姫路の御津北営農組合と㈱本田商店を訪問させていただきました。

先日、台風で延長していた視察見学会に姫路の御津北営農組合と㈱本田商店を訪問させていただきました。

農商工連携人材育成事業・販売力強化コースです
。いよいよこれで以って皆さんとお別れです。

農商工連携支援事業に認定された本田社長様のお話、工場見学及び神力米を栽培されておられる組合長のお話等で、秋晴れの中、快適な視察そして社長&組合長のお人柄がにじみ出るご説明に深く感銘を受けました。

お酒の飲めない私は梅酒が好きで試飲しましたが、とても美味しくてお砂糖を使っておられない自然の甘味に感動しました。冷凍した生梅を付け込み清酒発酵中にできる自然の甘味と酸味を実現した糖類を一切使用しない新商品です。

特別栽培した伝説の酒米「神力米」を使用して、全麹仕込技術・精米技術により下記の新商品を開発し、新規需要の販路開拓に取り組んでおられます。

http://www.taturiki.com/
「播州御津の神力米を使用した糖類無添加梅酒と大吟醸酒の開発」
 連携体: 御津北営農組合(農業)
    : 株式会社本田商店(食品製造)

帰路バスの中ではお酒のおいしさにみんなご機嫌で大変楽しい時間が持てました。
このままでは別れがたいとのことで12月には佐藤先生のありがたい言葉をいただき、
忘年会を皆さんの近況報告を兼ねて催されることになりました。

ほんと素晴らしい仲間ができ心から喜んでおります。講師の先生方も気さくな方が多くてこれからもいろいろご相談ご助言をよろしくお願いします。農商工連携及び6次産業化事業にまい進して参ります。本当にありがとうございました。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

農業新聞で、農水省は12年度予算概要要求を下記のように盛り込んでいます。

農業新聞で、農水省は12年度予算概要要求を下記のように盛り込んでいます。

新規就農者に年150万の給付金を最長7年間交付、就農前後の経営の安定性を高めることで若い世代の就農意欲を呼び起こし定着率アップが狙い。

また,農の雇用事業も助成額の引き上げや助成機関の延長措置が図られます。

就農希望者の支援をしていく当丹波ふるさとネットとしてはとてもうれしいニュースです。
農の雇用事業への要件は正社員雇用で、労働保険プラス社会保険への加入があります。

当団体&関連企業も以下の記事のように優秀な人材を確保また定着につなげるするためにも取り入れていくべきでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

農業法人と社会保険 負担を上回るメリットがある 

農業法人に、社会保険(厚生年金保険、健康保険)への加入を求める動きが強まっている。

全国農業会議所が行っている雇用と研修を支援する「農の雇用事業」では、これまでの労働保険(労災保険、雇用保険)に加え、今年度から社会保険への加入が要件に加わった。

ハローワークを通じた求人や、各種の雇用奨励金を活用する場合も同様だ。法人には、社会保険への加入が法律で義務づけられている。

労働者の権利を守るためであり、企業のコンプライアンス(法令順守)の観点からも、国民の目が厳しくなっている。

 だが、経営規模が小さな農業法人では、保険料の負担が小さくない。

事業主負担は、厚生年金が標準報酬月額の約8%、健康保険が同5%。従業員が多い法人は、加入に二の足を踏む。

 では、加入することで得られるメリットは何だろう。安心して働ける職場として、人材の確保・定着につながることだ。

「安心」は経営者にとっても同じ。高齢化が進み、健康と長い老後生活の支えは絶対に必要だ。

 農業法人は人手不足が深刻で、従業員の確保に苦労している。

近年、農業への関心が高まっているが、農の雇用事業による定着状況調査では、1年後に3割、2年後には実に6割が退職している。

独立就農した人なども1割いるが、3年後、5年後にはさらに多くの人が辞めていく。

 規模拡大と6次産業化が進む農業法人では、繁忙期の単なる労働力ではなく、経営を支える人材が求められている。

募集・採用にかける時間、コストは決して小さくない。

特に、生命産業であり、季節や天候の影響を受ける農業は、同じ作業を繰り返す工場労働のようなわけにはいかず、人材育成に時間がかかる。

 安心して働ける職場は、人材の定着につながるし、そのことが業績を大きく左右する。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

写真は昨日農業仲間と一緒に前からぜひ行きたく望んでいたお食事処に行ってきました。

ところは宝塚の武田尾温泉の近くの今村さん宅です。

お食事は期待以上のものでした。見た目の素晴らしい取り合わせとお味もほんとに上品な今村さんのお人柄がうかがえる素敵なものでした。

新鮮な食材を損なわない調味料の活かし方や、余計な添加物ものは使わない料理のこだわり、一緒に来た仲間も心から喜んでくれました。

下記にアドレスを記しますのでぜひインターネットで覘いてみられることお勧めします。少しだけピックアップしますね。
 http://www.e-sabazushi.com/index.html

こんにちは!
旬食品(いまどきしょくひん)の今村千津子です。

私のこと知らない人がほとんどでしょうから少しお話しますね。

私は、あの日本一高い松茸の産地で有名な丹波篠山に生まれました。

25年間、産婦人科の看護師として命の誕生の現場に携わり、その後、金属加工業を営む夫を助けるため約10年間、夫婦で力を合わせて一心不乱に働いて参りました。

子育て追われ、仕事に追われ、働き続け、気が付けば52歳。
そろそろのんびりと暮らせばと家族に勧められるような歳に・・・。


この頃になってやっと私も、自分のこれまでの人生。
そしてこれからの人生を真剣に見つめ直す時間的余裕が出来るようになっていました。

これからの人生をどう生きるか?

私は真剣に考えに考えた末、ある決心をしました。

それは、「これからは、自分の本当の目標をもって生きたい!それが出来るのは、まだまだ元気な今しかない!!」という決心。

「なんだそんなことか・・・。」と思われるかもしれませんね。

でも、今までずっと家族や夫のために生きてきた私。

その私にとって、初めて本当に自分のやりたいことを実行すると決めることはとても勇気のいることでした。

それが52歳。遅咲きの起業への決心でした。

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

それは「平成22年度大丹波味覚フェア・説明会」の案内でした。

ひょうごIT大学に参加する前メールボックスにとてもうれしいご案内が入っていました。
夢への第一歩に近いていくようです。

それは「平成22年度大丹波味覚フェア・説明会」の案内でした。


大丹波とは以前のブログでお知らせしていますが、歴史的・文化的につながりが深い京都府と兵庫県にまたがる両丹波地域(6市1町)の活性化に向けて、「大丹波」として様々な取組を行っていこうとしています。

今回その一環として丹波ブランド力の向上を図る為、農産物や地域特産品等を京阪神に向けて広く発信(販売)する「大丹波味覚フェア」の開催です。

開催場所は今、話題のスポット、JR大阪駅構内にあるデパート大阪JR三越伊勢丹の食品売り場で11月末~12月初めの1週間開催します。

私たちは以前から昔の「丹波の国」を県や市の行政の枠を超えて考えておりましたし、以前からひそかに力を蓄えた暁には梅田、伊勢丹の出店ができたらと望んでおりました。

ビオファーム丹波で出展したく願っています。
圃場では小かぶをはじめとした秋野菜をそして赤シリーズの赤そば、玉ねぎやニンニク、畑ワサビの栽培を行います。

このブログを見ていただいている方で、こんな食品があれば良いのにとか何かご希望があれば是非お知らせくださいませ。

丹波ならではの、また食べ物で健康になれる食品、高齢者の方が安心して食べれる、また大切な子供たちがしっかりと自分の頭でものを考えられる頭脳食等、なんでも思いついたことお知らせいただけばうれしいです。

メールは
 info@bio-cafe.jp
faxは
 079-558-7530
又携帯は
 090-4033-3901 です。 よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真は
ひょうごIT大学の研修生の仲間と西宮神社での「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」のイベントに行ってきました。

ほんとにぎやかで、昔は私たちはちんどん屋と言っていましたが、練り歩いていておりまた、大道芸パフォーマンスなどで楽しい時間が持てました。研修生の方のお友達がインドの方でナンとカレーを美味しくいただきました。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

chuty

Author:chuty
※ ビオキッチン京都は日本の誇る食文化、和食(WASHOKU)における京の新・おばんざいの開発・加工によるお料理のご提供をしています。国内外に向かって豊かな自然の地域の情報の発信を主にしていきます。

日本の歴史・文化・自然を愛するかたがたに様々な企画を練っていきます。健康な体に健康な精神が育ちます。食・農・環境中心のイベントやセミナーにぜひお気軽にご参加ください。

※ 永年、教育事業に従事してきた体験からあまりにアトピー、アレルギー体質の子供達の急増やイジメの問題を目の当たりにして「食への関心」「食の乱れ」「食への危機感」が高まり、現在の食文化創造研究所の前身「食文化を考える会」を発足するに至りました。

その活動を推し進めるべく、ただ今ビオライフ倶楽部ではお仲間・同志を呼びかけてさせていただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・
ビオへのおもい

今からもう10年前になります。
起業への熱い思いを胸にフランスはパリに飛んでおりました。

〔そのカフェは、フランス政府AB(AGRICULTURE BIOLOGIQUE)の認証を取得〕

空港につくやいなや、そのカフェを目指して走りました。

お店の前で並んでいる光景ですぐにわかりました。

どうして列を作って並んでいるのか、通訳の人に聞いてもらいました。
そうすると、パリジェンヌが口々に



「ビオだから!」
「ビオだから!」

と微笑みながら答えてくれました。

そして、心の中で「これだ!これからはビオ!」と叫んでおりました。


ビオのコンセプトは、「bio」なのです。

「bioとは体に良い物、無添加、命を意味します」


「農・食を核にした地域活性化の情報発信事業及び6次産業事業事業」に邁進していく覚悟でおります。

「日本の食文化、和食」が世界自然遺産になるよう呼びかけさせていただきたく願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
http://katana.bz/images/common/katana_lo
起業・独立サポート「katana」
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード