FC2ブログ

農業強化策、4次補正に前倒しの意向 農相

2011年12月03日

鹿野道彦農相が2日の閣議後の記者会見で、農業強化策として2012年度予算で要求した新規の項目について、

11年度第4次補正予算案に前倒しする意向を表明したと日本経済新聞。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

下記の記事は都会の方たちにまず地域をしってもろらうという意味では有効なシステムと思いますので
少し引用させていただいています。

クラインガルテンとは

クラインガルテン(kleingarten)とは、ドイツ語で『小さな庭』 という意味をもっています。もともとはドイツにおいて1864年に作られ、 ドイツ各地に広まりました。

その後1919年に利用者の権利を保護する 法律が定められ、ドイツの国の制度の中に取り入れられました。

日本では平成4年くらいから日本最初の倉渕村クラ インガルテン (現在、群馬県高崎市倉渕町)や坊主山クラインガルテン(現在、 長野県松本市四賀地区)ができ、

以来、各地の自治体で主に小さな宿泊施設 付きの市民農園と定義され、温泉施設やスポーツ施設を併設されるところも 多く、自然回帰運動の拠点になっています。

家族の原点のつながりや、 子ども孫達への豊かな自然教育の場や、老後の生き甲斐等を担う、大きな役割 を果たしています。

日本語に訳すると「小さな庭」であるが、「市民農園」とも言われている。
クラインガルテンは『クラインガルテン協会』が管理し、希望者は協会員になって区画を借りる。ドイツで最初のクラインガルテン協会は1814年、北部の街カペルン(Kappeln)。

その後1864年ライプツィヒで最初の『シュレーバーガルテン協会(クラインガルテン協会)』が作られ、ドイツ各地に広まった。

その後1919年に利用者の権利を保護する法律が定められ,国の制度の中に取り入れられた。

利用者の数は50万人を超える。大小の差は大きいが、平均面積は100坪(野球のグラウンドぐらい)程であり賃借期間は30年。

野菜や果樹、草花が育てられ、ラウベ(laube)とよばれる小さな小屋が併設されている。ほかに、池を掘り、庭園のようにしている例もある。

個々のクラインガルテンは分散しているわけではなく、ある程度ひとまとまりになっており、大きな緑地帯を形成している。

例えるならば、日本の墓地公園において墓石の代わりに小屋が置かれ、そこで家庭菜園が行われているといえば、イメージしやすいだろう。


下記に参考、成功例として、クラインガルテン八千代(滞在型市民農園)を上げさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラインガルテン八千代(滞在型市民農園)


クラインガルテンとは

クラインガルテンは、ドイツ語で「Kleingarten(klein=小さい Garten=庭)」を意味し、園全体、あるいは個人がクラインガルテン協会から借りている区画も「クラインガルテン」と呼んでいます。また、クラインガルテンの敷地内には、一般的に「ラウベ」と呼ばれる小屋があります。

近年の日本では、農業を通して自然と人とのふれあいを深めていく滞在型や日帰り型の市民農園のひとつとして人気があります。

クラインガルテン八千代で夢のスローライフを!


爽やかな空気、おいしい水、鳥がさえずる森。

たくさんの自然の中で自分の手で直接土にふれ、汗を流し、体にいいお気に入りの野菜を作る。

ラウベでは、気の合う仲間と自慢の野菜を使った料理を食べながら楽しい時間を過ごす。

そんな夢のようなスローライフを実現しませんか?
.
施設概要

クラインガルテン八千代には、滞在型市民農園と日帰り型市民農園の2種類があります。

滞在型市民農園1区画あたり270平方メートル(約81.67坪)の土地に29平方メートル(約8.77坪)のラウベ(滞在施設)が整備された農園です。なお、ラウベには水道、電気、お風呂、トイレが完備されています。
滞在型市民農園区画図【PDF形式:173KB】

市民農園(日帰り型)1区画あたり25平方メートル(約7.56坪)の農園のみです。ラウベ(滞在施設)はありませんので滞在はできません。

農園を借りたいが、滞在施設までは必要ないという方にはこちらがオススメです。
クラインガルテン八千代の隣には「八千代グリーンビレッジ」があります。八千代グリーンビレッジは平地林を生かした農村公園で、キャンプ場やバーベキュー広場、農産物加工施設などが整備されています。

また、グリーンビレッジ内にある「憩遊館 やちよ乃湯」では、地下1,500mから湧き出ている天然温泉を楽しむことができます。農作業で汗をかいた後は温泉につかって心身ともに癒されること間違いなしです!
スポンサーサイト
プロフィール

chuty

Author:chuty
※ ビオキッチン京都は日本の誇る食文化、和食(WASHOKU)における京の新・おばんざいの開発・加工によるお料理のご提供をしています。国内外に向かって豊かな自然の地域の情報の発信を主にしていきます。

日本の歴史・文化・自然を愛するかたがたに様々な企画を練っていきます。健康な体に健康な精神が育ちます。食・農・環境中心のイベントやセミナーにぜひお気軽にご参加ください。

※ 永年、教育事業に従事してきた体験からあまりにアトピー、アレルギー体質の子供達の急増やイジメの問題を目の当たりにして「食への関心」「食の乱れ」「食への危機感」が高まり、現在の食文化創造研究所の前身「食文化を考える会」を発足するに至りました。

その活動を推し進めるべく、ただ今ビオライフ倶楽部ではお仲間・同志を呼びかけてさせていただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・
ビオへのおもい

今からもう10年前になります。
起業への熱い思いを胸にフランスはパリに飛んでおりました。

〔そのカフェは、フランス政府AB(AGRICULTURE BIOLOGIQUE)の認証を取得〕

空港につくやいなや、そのカフェを目指して走りました。

お店の前で並んでいる光景ですぐにわかりました。

どうして列を作って並んでいるのか、通訳の人に聞いてもらいました。
そうすると、パリジェンヌが口々に



「ビオだから!」
「ビオだから!」

と微笑みながら答えてくれました。

そして、心の中で「これだ!これからはビオ!」と叫んでおりました。


ビオのコンセプトは、「bio」なのです。

「bioとは体に良い物、無添加、命を意味します」


「農・食を核にした地域活性化の情報発信事業及び6次産業事業事業」に邁進していく覚悟でおります。

「日本の食文化、和食」が世界自然遺産になるよう呼びかけさせていただきたく願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
http://katana.bz/images/common/katana_lo
起業・独立サポート「katana」
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード