FC2ブログ


オイルマッサージでメタボ改善 マカダミアナッツで効果実証



 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の改善のアプローチとして、マカダミアナッツオイルを使ったボディーマッサージに効果があることが、医学的に証明されてきている。

有効成分が皮膚から浸透し、動脈硬化や血糖値を改善するとのデータもある。医薬品だけに頼らない統合医療の新たな分野となる可能性を持っている。(山本雅人)

                   ◇

 血糖値が低下


 研究を行っているのは、大阪大大学院医学系研究科の前田和久准教授のグループ。マカダミアナッツに着目したのは「パルミトレイン酸という不飽和脂肪酸が他のナッツに比べ、大量に含まれている」からだ。

前田氏のグループは、メタボの典型的な症状で、糖尿病にも大きく関係するインスリンの作用不全の改善にパルミトレイン酸が寄与することを突き止め、平成20年に発表した。

 パルミトレイン酸のこのような性質を実証しようと前田氏らは、健常な成人男女8人を対象に臨床研究を実施。マカダミアナッツオイル10ミリリットル(大さじ2/3杯程度)を使ったボディーマッサージを20分間行い、その後の血中のパルミトレイン酸の濃度を調べた。その結果、1時間後の血中濃度が30~40%増加し、早期の動脈硬化を見る指標の数値も施術前に比べ、14%改善した。

 一方で、別の14人を対象に、マカダミアナッツオイルとパルミトレイン酸の含まれていないココナツオイルの2つのグループに分け、さらにグループ内で日を別にしてオイルマッサージの施術を受けた後と受けない状態とで、糖尿病検査で使うブドウ糖水溶液を飲んでもらい、血糖値を測定。

すると、マカダミアナッツオイルの施術を受けた場合だけが他に比べ、血糖値が有意に低下した。これは「皮膚からパルミトレイン酸が血中に吸収された」(前田氏)ことを示したものだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chuty

Author:chuty
※ ビオキッチン京都は日本の誇る食文化、和食(WASHOKU)における京の新・おばんざいの開発・加工によるお料理のご提供をしています。国内外に向かって豊かな自然の地域の情報の発信を主にしていきます。

日本の歴史・文化・自然を愛するかたがたに様々な企画を練っていきます。健康な体に健康な精神が育ちます。食・農・環境中心のイベントやセミナーにぜひお気軽にご参加ください。

※ 永年、教育事業に従事してきた体験からあまりにアトピー、アレルギー体質の子供達の急増やイジメの問題を目の当たりにして「食への関心」「食の乱れ」「食への危機感」が高まり、現在の食文化創造研究所の前身「食文化を考える会」を発足するに至りました。

その活動を推し進めるべく、ただ今ビオライフ倶楽部ではお仲間・同志を呼びかけてさせていただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・
ビオへのおもい

今からもう10年前になります。
起業への熱い思いを胸にフランスはパリに飛んでおりました。

〔そのカフェは、フランス政府AB(AGRICULTURE BIOLOGIQUE)の認証を取得〕

空港につくやいなや、そのカフェを目指して走りました。

お店の前で並んでいる光景ですぐにわかりました。

どうして列を作って並んでいるのか、通訳の人に聞いてもらいました。
そうすると、パリジェンヌが口々に



「ビオだから!」
「ビオだから!」

と微笑みながら答えてくれました。

そして、心の中で「これだ!これからはビオ!」と叫んでおりました。


ビオのコンセプトは、「bio」なのです。

「bioとは体に良い物、無添加、命を意味します」


「農・食を核にした地域活性化の情報発信事業及び6次産業事業事業」に邁進していく覚悟でおります。

「日本の食文化、和食」が世界自然遺産になるよう呼びかけさせていただきたく願っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
http://katana.bz/images/common/katana_lo
起業・独立サポート「katana」
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード